自分に合った収益物件を探そう|初心者のための情報ガイド

男の人

転勤の時に便利なシステム

インテリア

家賃収入をローンに充てる

家は空き家にしておくと劣化が進むといわれます。転勤や海外赴任で家を長期間空けることになった場合、親戚や知り合いに時々家の中の空気を入れ換えてくれと頼むことがあります。それは家の劣化を防ぐために必要だからです。しかし頼む方も頼まれる方もお互いに気兼ねします。このような時に便利なのがリロケーションです。不動産会社に委託して、空き家の期間を第三者に貸すというシステムです。入居者の募集や入居中のトラブルなども全て不動産会社が行ってくれるので、非常にありがたいシステムです。リロケーションが人気なのは、空き家にしないで済むことと家賃収入が得られることです。家賃収入を住宅ローンの返済に充てることができるのです。

委託する不動産会社を選ぶ

リロケーションの特徴は入居者に更新がないことです。転勤や海外赴任だと将来は家に戻ってくることになります。そのため入居者に更新を認めると、ずっと居座られてしまうからです。その代わり、思ったよりも早く帰宅できることになっても、契約期間は家に戻ることはできないのです。そのような場合のために、仮入居できる物件を用意してある不動産会社と契約を結ぶなどの工夫が必要です。仮入居できる物件があれば、急な帰宅でも心配する必要がなくなります。また不動産会社とリロケーション契約を結ぶ時に、契約内容をよく確認することが大切です。入居者が家の中を破損してしまったり壊してしまった場合のケアなどは明確に責任の所在を決めておくことです。